全身脱毛の月額制と無制限ってなにが違うの?

無制限の脱毛は全身脱毛の無制限のコース料金があって、その料金を支払えば、あとは自分が満足するまで脱毛できる方法です。シースリー銀座カラーが無制限の脱毛コースがある脱毛サロンですね。

 

月額制の脱毛と無制限の脱毛のいちばんの違いは支払方法です。月額制は月々定額で料金の支払いをして自分が納得できる脱毛結果になればその時点で脱毛終了となって月々の支払が終わります。脱毛ラボエターナルラビリンスキレイモル・ソニアが月額制です。

 

間違えそうなのが、シースリーや銀座カラーも支払方法に月額制とあるのですが、これはトータルの契約料金を月々分割で支払うということなので、月額制とは違うので気を付けたいところですね。

全身脱毛の月額制と無制限のメリット、デメリットは?

全身脱毛月額制のメリット

 

初期費用が安い

 

月額制のいちばんのメリットは初期費用が安く済むこと。月額性なのでウン十万するコース料金を契約しなくても大丈夫。ほとんどの全身脱毛月額制の脱毛サロンは月々1万円弱の支払料金のところが多いですね。

 

 

やめたくなったらいつでもやめられる

 

やっぱりこの脱毛サロンヤダな・・・と思えばいつでもやめられるのも月額制のいいところ。勧誘が多い、スタッフと気が合わない、通うのが大変・・・などなど他のサロンに変えたいと思えば、自分が通ったところまでの支払いだけで済みます。

 

 

全身脱毛月額制のデメリット

 

 

しっかり通わないとトータル金額が高くなることがある

 

 

月額制は基本的には毎月費用が発生する方法です。(一時休止のようなことができるサロンもあり)ですから、しっかり予約をしてきちんと通うことができなければそれだけ期間が長くなってトータルの費用が多くなってしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 

全身脱毛無制限のメリット

 

 

自分の満足いくまで脱毛できる

 

 

無制限の脱毛のいちばんのメリットはなんといっても満足いくまで何度でも脱毛できる点。回数を気にすることがないので、忙しければ、月額制のように予約をきちんと入れて毎月きっちり通わなくても料金が多く発生することはありません。

 

 

毛深い人は月額制に比べると料金が安く抑えられることがある

 

 

これは個人差があるものの、毛深い人には無制限の脱毛コースがおススメ。月額制の場合、しっかり通ったとして1年間(12カ月)で全身脱毛が6回終了するといったサロンが普通です。たとえば月額制で9,500円の支払いをした場合、毛深い人であれば、私の経験として18回は脱毛が必要になると思うので、9,500円×36カ月で342,000円。銀座カラーの全身脱毛し放題のコースが338,000円ですのでトータルで考えると安くなる計算です。しかも月額制で3年間予約を欠かさずきちんと取って通った場合になるので、本来はもう少し時間がかかると思ってほうがいいでしょう。

 

 

 

全身脱毛無制限のデメリット

 

 

途中でやめることができない

 

 

無制限脱毛の場合、基本的には一括で契約の料金が発生しますので途中で解約した場合、料金が返金されることはないと思った方がいいでしょう。途中でやめることはできるものの、月額制と違ってやめるリスクが高いということですね。

全身脱毛が月額制と無制限のコースどっちがおススメなの?

これは個人差があるのでどちらがいい!ということは難しいですね。ただ、月額制は初期費用を抑えたい人、しっかり予約を入れて通うことが苦にならない人であれば向いていると思います。また、無制限のコースであれば、とにかく自分が満足するまで何度も通いたい人、や毛深くてどれくらい通えばいいのか不安な人に向いていると思います。

 

自分がどちらのタイプかを考えながら月額制か無制限のコースを選ぶかを決めればいいと思いますよ。

 

⇒月額制、無制限脱毛のおすすめ脱毛サロンはこちら